ゴルフ7日間シングルプログラム

 

初心者でも使えるバックスピンのかけ方

ゴルフのテレビゲームをしたことがある方はたくさんいらっしゃると思います。最近のゴルフゲームは本当に良く出来ており、参考になることも多く、初心者の方であれば学ぶこともあるのではないでしょうか。

 

残りヤードに対するクラブの選択やアプローチショットの理想の打球などもゴルフゲームで体感できると思います。風の影響を読んで打つといった練習にもなりますしバックスピンがかかり、戻るイメージもつかめるといった利点もあります。バックスピンのかけ方はボールに強烈なスピンを加えることで出来ます。普段からわたし達が打っているショットというのはバックスピンがかかっていることを知っておきましょう。

 

スイングというのは低いろころからボールを振り上げるといった軌道ですので自然とバックスピンはかかっているのです。そのスピン量を強烈に入れることで落下地点でもスピン量が残っており、バックスピンになります。バックスピンの打ち方はアウトサイドインの軌道でなります。ですが強すぎることでスライスボールになってしまったり落下後に右側へ跳ねてしまったりするので前方へ押し出す意識でボールをカット打ちしなければなりません。

 

バンカーショットのときにバックスピンがかかていることがあると思います。これはバックスピンの打ち方になっているからです。ボールに進行方向と逆の回転を加えるのであればボールへ縦にショットしなければなりません。ですが刀を振り降ろすようなスイングであれば前に飛んで行きません。ですのでバンカーショットのようにボールの下へクラブヘッドを潜らせるといったイメージで打ちます。

 

このことで高く浮く打球にもなります。バックスピンはフルショットのパワーがないと発生しません。そして芝目が逆であったり、多少柔らかめの芝生であったりと、様ざまな条件がととのわなければかかりにくいものです。ですが堅いグリーンほど、グリーンオーバーにならないようにバックスピンでボールを止めたいと思います。

 

ですのでショットで強烈なスピンをかけられるようになることが大事です。ゴルフ練習場ではティーを低くしてボールを縦に切るようなイメージでアウトサイドインの軌道を守りスイングしてみましょう。落下地点でボールが止まってきたらティーから降ろし同じようにフルショットで練習します。バックスピンはインパクトのときにボールを拾えるところを強化しなければなりません。

 

ゴルフ7日間シングルプログラム